掃き溜めに鶴

絵の他にルポ的なのも書きます 内容的に誤解されそうですが世界を変えようとするやべー奴ではないです(笑)特に信奉してる宗教も思想もありません。ノンフィクションの類が大好きなだけですhttps://raiot.net/electricsheep_n

遺体管理の知識と技術

f:id:neroxxxa:20190115135438j:image

 

買ってよかった。

なんと遺体の写真付き(衝撃)

練炭自殺での遺体写真は衝撃ですね。

美しく死ねるなんて大嘘もいいとこです。

その画像の方がわっかいんですよ。女性のね。

 

ポリマー剤はガスでまるごとびゅりゅりゅと出てきて肌にひっつくのでクソ、使うなボケ(意訳)等以前購入した本では得られない遺体に携わる第一人者ならではの意見が多かったです。

参考になる。

というわけで特許の話はお流れになりました(΄◉◞౪◟◉`)トホホデヤンス

 

グリーフケア(死後の遺族のケア)にあった

「置き換えと転移」

いわゆる死去した妻や夫に向けていた感情を別の誰かに向けるという行為は納得する部分があって、以前見たドキュメント番組で身寄りのない老人の終末施設があるんですけどそこの職員女性は必ずお気に入りのお年寄りを見つけて愛おしそうに看取るわけですがその職員の殆どが配偶者の介護、死別を経験してる人なんですねー

 

死別経験のあるキャラクターの資料にもなりますね。

 

納棺師のブログでたまに「遺体の目にはボンド(°▽°)」みたいなのを見かけますがとんでもない行為やと思いますよ私は

ちゃんと勉強してどうぞ。

縊死

まあ遺体の中では綺麗なもんである。

(実際の目撃者曰く)

たまにドヤ顔でうんこたれながし男は射精して目ん玉とびだしますと解説する人がいるが全て俗説らしいですよ。

よっぽど腐敗しないとそんなことは起こりません。

 

しっかりと遺体に関して学んでいない人がさも見たかのように語るのはなんなんでしょうね。

恥ずかしいなあと思いますが書店の看護コーナーにさえエンゼルケア の専門書がない現状「詳しく知る方が恥ずかしい」みたいな感覚でもあるんですかね。

ただ索条痕は絶対にくっきり残るし舌はまれにですが伸びるらしいです。

「自殺防止のためにあえて醜く伝える」ことは自殺防止にはさほど繋がんないでしょうね。

 

f:id:neroxxxa:20190114025955j:image

 

この前の湯灌に使う洗剤の話ですが逆性石鹸は今は使わないっぽいので結局湯灌ありの時も清拭のみのときも両性界面活性剤使用の方が気を使ってる葬儀社っぽいですね。(あとあと調べるとおくりびとのプロもそうするらしーですよ)

 

葬儀関係のモデルではないですがアマギフにしても余裕あるほどポイント貯まったので本買いました

届くの楽しみ。

 

石鹸とにらめっこ

遺体管理の本に書いてあった一般石鹸で皮脂を落として逆性石鹸で清拭する方法に、一般石鹸はトリクロサンやイルガサンを使用すると書いてあったが実は両成分はアメリカで販売停止措置になり日本でもイソプロピルメチルフェノールに代替えが進んでいるらしく以前はトリクロサンだった大型のシャボン系がほぼその成分に変わってて現実的じゃない(科学系の本はこういうのがけっこうある)

多分イソプロピルメチルフェノールで問題ないと思うけど大丈夫かなあ

石鹸液もそっちの方が種類が豊富だし

湯灌はイソプロピルメチルフェノールで洗浄⇨塩化ベンザルコニウムで清拭でいいかな

 

ただ最近は病院で湯灌から皮膜法(要は保湿)まで行う事が多く葬儀屋は清拭だけするパターンがメインなのでその場合は塩化ベンザルコニウムのみで清拭を行うと皮脂や油膜に大変弱いそれでは防腐のための殺菌力が激減

天才復元師が絶対やってはいけない凡ミスに。

そこで皮脂にも強い両性界面活性剤が必要となる訳なのですが

さて一般企業の葬儀屋では清拭のみの場合に使うテゴー51の主成分であるアルキルジアミノエチルグリシンが手に入らない問題がありましたがこれも見方を変えれば解決しまして

アルキルジアミノエチルグリシンとほぼ同じ成分で

アルキルポリアミノエチルグリシンというのがありまして安全性のグレードは医薬品よりはるかに下がりますが(用はこれを医薬品グレードにした結果アルキルジアミノエチルグリシンになった)ものでなんとフツーに環境用消毒液として販売されてますがな。

どうせ遅かれ早かれケツ穴にポリマーぶち込んだり顔にシリコンぶち込むのに医薬品グレードや人体用にこだわるのもおかしな話だと思ったのでこれを作中では使用することにしました。

どうせ希釈して移し替えたボトルに「御清水」とか書いとけば遺族も突っ込まないのが葬送業界だしね

それっぽいなんか侘び寂びを感じさせるボトル探しとこ

この前言ってた医薬部外品グレードのアルキル(C12-14) ジアミノエチルグリシンHClは清拭に使えそうなウェットシート類もだんだんと別の成分に差し替えが進んでいるのでボツになりました。(よりによって塩化ベンザルコニウムに)

清拭に使用してる黒いボックスに入ったシート、蓋を開ければ介護用おしりふきだったってシナリオ的にもいいアイデアだと思ったんだけどなあ。

逆性石鹸に差し替えられたせいでそれのみで清拭を行うと防腐防臭の観点からまったくもって実用性が無くなるという

パッと見ると「エタノールや次亜塩素酸でいいじゃん」と思いがちですがそれらは遺体に皮脂や油脂が残留していると効果が激減する上に洗浄力は皆無の消毒液なので問題外です。

 

遺体の防腐に関しては薬品を調べるのが好きな自分にはいい題材かもしれませんね〜

ここに書いてても楽しいし…

個人的には簡単に入手出来ないものは使わない

(納棺師の防腐処理や医学知識の無さにつけこんだボッタ価格の専用品が多い)と決めているのでだいたいぜんぶ数千円で大量に入手できるようにはしてます。

なにか勉強しましたらまたここで垂れ流します。

体液漏出と吸水ポリマー

f:id:neroxxxa:20190110180142j:imagef:id:neroxxxa:20190110180138j:image

頭おかしいのかなこの人って思われてそう

 

遺体の体液漏れに吸水ポリマー粉末を使うらしいのですが粉は穴の奥に入れづらいってことでやれゲル化(吸水力半減)だのアプリケーターで特許だのやってるらしいですが割とマジで特許取れるレベルのアイデア(完全なる盲点)を思いついたんだけどこれどうすればいいかな

ボッタ価格の専用品と違ってすっごい低コストで穴の奥までポリマー粉末を運んで体液漏出を防止できるとおもうんだけど…

興味のある葬儀屋さんはなんか連絡してきてよ…

実験してくれるなら教えるから…

 

ポイントについて

f:id:neroxxxa:20190109214144p:image

度重なるアップデートで無駄にリアルになりましたがリアルにするならするでストレッチャーにバットを固定する金具をつけたりハンドルの向き調整したりしないといけないので忘れた頃にアップデートしたいと思います。

一応ページには注意書きしてますがハンドル側が足、頭から庫内に入れる方がリアリティがありますよ。

 

あまり連チャンでアプデするとまた落とすのが負担でしょうから。

まあエログロ展開のスパイスに使うだけならそこまでチェックする方はいないでしょうし

ストレッチャーと冷蔵庫の高さやらオブジェクト化よりか緊急度は低いですね…

って言い聞かさないと一生手直しし続ける気がするんで…

 

ツイッターで軽く話題になってます(笑)

ありがとうございます。悪いやつではないんですよ。

f:id:neroxxxa:20190109214432p:imagef:id:neroxxxa:20190109214518p:image

 

 

 

ぱっと設置した時にちゃんと冷蔵庫とストレッチャーの位置関係分かりやすくしたい。

使う人(いるのか?)の作画ミス防止として…

しかし葬儀関係の深部はやっぱり皆潜在的に興味があるんですね…

勉強になります。

基本的に素材で稼いだポイントは素材購入に使います。

以前一度アマギフにしたのですが使用目的がないと勿体ない使い方しかできなくて心苦しいので。

ですが葬儀関係はアマギフに変換したあと伊藤茂氏(遺体管理のスペシャリスト)等の書籍購入の助力にしたいと思います。

 

話題にもしていただいて対価を得るって最高やね。モチベーション的に。

 

ニッチ

f:id:neroxxxa:20190108173144p:image

 

何度も何度もアップデートしてすいません

6回もアップデートしたバカです

上げたしりからミスを見つけて死んでました

もっとアプデ手軽にしてくりゃ〜

大量のアップデート履歴なんとかならないんでしょうか(恥)

 

f:id:neroxxxa:20190108173307p:imagef:id:neroxxxa:20190108173454p:image

ストレッチャーの精度がどーしても気になったので修正。

比較的それっぽくなりました

何を目指してるんでしょうか?さっぱりわかりませんが次回は寝台車か腹水を抜く機械でもアップしたいと思います。

 

あるひの二人

f:id:neroxxxa:20190107130345j:image

ライン風UIのメモで

戸塚と倉本のどうでもいい正月ネタでラインのやりとりを考えていた

 

f:id:neroxxxa:20190107130952j:image

f:id:neroxxxa:20190107130955j:image

f:id:neroxxxa:20190107131003j:image

 

 

既出ネタですが…

おじさんってライン細切れだよね

 

ツイッターで遺体用冷蔵庫がぼちぼち話題(ドン引きの対象)になってます

ありがとうございます。

ニッチすぎて数は出ませんが…

追記するとストレッチャーのほうがあんまりにも構造的にアラが目立つので近日アップデートします。

 

・どうでもいい話

湯灌と清拭についてず〜っと調べてて結論としては医療用の両性界面活性剤があればそれを使用するのが一番とのことだが処方薬のため一般流通が難しく葬儀業界では入手できないなあどうするべ

とりあえず一般的な道具では薬用石鹸で湯灌⇨逆性石鹸で清拭がベターなんだけど逆性石鹸は皮脂に弱く消毒やら遺体の保全を考えると、最近では湯灌から皮膜法までを病院でするケースが多くて納棺では清拭だけをするパターンばっかりなんだけどその場合は逆性石鹸を使用すると効果が全然ないじゃん清拭だけなら両性界面活性剤が一番じゃんどうしよう

と考えていたら希釈したものが医薬部外品用にも名前をいじって流通してて安心しました。

あまりに名前をいじりすぎてて発見にだいたい丸1日くらいはかかった

テゴー51とひたすらにらめっこしすぎた(笑)